屋内設置のパナソニックのパワコン

家庭で太陽光発電をしたい場合には、さまざまな機器が必要です。たとえば、太陽光パネル、パワーコンディショナー、接続ユニット、昇圧ユニット、メーターなどがあります。

パナソニックのパワコン情報をお教えします。

これらは太陽光発電のシステムを形成しており、場合によっては、これに家庭用の蓄電池システムなどをプラスすることがあります。

なかでも、パワコンは太陽光パネルで発電して電気を、直流から交流に変換する役目をもっているもので、この機器によって、家庭内で家電製品を動かしたり、電力会社への売電が可能になったりする重要なものです。



ただし、重要とはいうものの、その扱いは消耗品に近く、10年から長くても15年程度で交換する必要があるものとされています。

これは、一般には野外に設置され、常に風雨にさらされるため、製品が劣化しやすいことも影響しているといえます。
家電メーカーのパナソニックは、こうした家庭用のパワコンを製造していますが、パナソニック製品のパワコンには、屋内に設置できるものも存在しています。

パナソニックのパワコンを、屋外ではなく、たとえば脱衣所、洗面所などの屋内の壁に設置できれば、風雨にさらされないで済むため、製品が大きく劣化することがなくなり、寿命が長くなります。また、配線の工事を短縮して、よけいな経費がかからないようにするという効果もあります。



震災による停電など、自然災害があった場合にも、こうした屋内設置のパワコンがあれば、非常用コンセントで太陽光発電をした電力の直接供給を受けることも可能です。