パナソニックのパワコンと設置位置

一般家庭が太陽光発電を導入する場合には、太陽光パネルやパワーコンディショナー、接続ユニットなどの設備をそろえておく必要があります。

パナソニックのパワコンの知識が身につきます。

これらは一連の太陽光発電のシステムとして、いずれも欠けてはならないものであって、それぞれに重要な役割をもっています。



たとえば、パワコンは太陽光パネルが発電をした直流の電気を交流に変換することを目的として設置されるものです。
この設備があることによって、家庭のなかで電化製品を動かす目的で太陽光発電の電力を利用したり、電力会社に余剰の電力を受け払ったりすることが可能になります。
パワコンは屋外に設置されますので、風雨による製品の劣化や故障はとりわけ重要な問題です。


そのため、一般には10年程度の寿命があればよいとされる消耗品に近い扱いですが、メンテナンスを良くして、できるだけ製品の寿命を延ばしたほうがメリットがあるのは当然のことです。



家電メーカーの大手として知られているパナソニックでも、家庭用の太陽光発電のパワコンを製造販売していますが、パナソニックの製品のなかには、設置位置を屋内にすることができるものが存在している点が注目されます。

パナソニックのパワコンを洗面所などの屋内に設置すれば、風雨に直接さらされることがなくなるほか、配線工事なども比較的手間がかからずに済むなどの、さまざまな効果が期待できます。
また、停電などの非常時には、製品に付属する非常時コンセントを使って、太陽光発電の電力を直接取り出すこともできます。